作品概要

恋の成り行き:愛の戴冠》は、画家のジャン・オノレ・フラゴナールによって制作された作品。制作年は1771年から1772年で、フリック・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《愛の戴冠》はフランスのロココ期の画家ジャン・オノレ・フラゴナールが《恋の成り行き》というテーマで描いた、4作から成る連作の一つである(カンバス、油絵)。

来歴

1771年、フラゴナールは一連の連作を描く仕事を受注した。その依頼はフランス国王ルイ15世の美しき公妾デュ・バリュー夫人からで、その目的は2人の愛の巣、ルーヴシエンヌの館を装飾するためだった。フラゴナールに与えられたテーマは《恋の成り行き》で、画家は恋人達がよく使う様々な策略や戦略を描いた。

《愛の戴冠》は連作《恋の成り行き》の中では第3作目に位置し、《逢い引き》、《追跡》、《恋文》とともにニューヨークのフリック・ミュージアムに展示されている。

フランス革命とロココ美術

本作品のタイトルは《愛の戴冠》だが、カップルが友人にデリケートなポーズのスケッチを求めており、明らかにエロチックな暗示は男性が王冠以上のものを得ていることを示している。《逢い引き》と同じように、《愛の戴冠》も甘美な庭の場面を描いている。しかし、この美しい作品は依頼主デュ・バリュー夫人には受け入れられなかった。彼女の芸術的嗜好はすでにフラゴナールの愉快なスタイルから離れていた。

フラゴナールは流行の新古典主義に適応しようと試みたが、デイヴィッドからの賞賛や支援があったにもかかわらず上手く行かなかった。フランス革命とともに時代も変わり、ロココ美術は衰退、最後は貧困のうちに死んだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・オノレ・フラゴナール
  • 作品名恋の成り行き:愛の戴冠
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1771年 - 1772年
  • 製作国不明
  • 所蔵フリック・コレクション (アメリカ)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ317cm
  • 横幅243cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 恋の成り行き:愛の戴冠の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。