作品概要

恋の成り行き:追跡》は、画家のジャン・オノレ・フラゴナールによって制作された作品。制作年は1771年から1772年で、フリック・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《追跡》はフランスのロココ期の画家ジャン・オノレ・フラゴナールが《恋の成り行き》というテーマで描いた、4作から成る連作の一つである(カンバス、油絵)。

来歴

1771年、フラゴナールは一連の連作を描く仕事を受注した。その依頼はフランス国王ルイ15世の美しき公妾デュ・バリュー夫人からで、その目的は2人の愛の巣、ルーヴシエンヌの館を装飾するためだった。フラゴナールに与えられたテーマは《恋の成り行き》で、画家は恋人達がよく使う様々な策略や戦略を描いた。

《追跡》は連作《恋の成り行き》の中では第2作目に位置し、《逢い引き》、《愛の戴冠》、《恋文》とともにニューヨークのフリック・ミュージアムに展示されている。

洗練されたサプライズ

暖かな日差しに照らされて、3人の少女が噴水の前で遊んでいる中で、リーダーの女性が庭に隠れていた男の子を見つける。彼女は誇張された動作で逃げようとしている。彼女の身体は激しくねじれ、両腕は中に投げ出され、ドレスとリボンは急激な動きによって彼女の周りで絡まっている。

この庭は、特に背景の木々は、突然の出来事を模倣している。枝が重い葉によってしならせることで、上方向と右方向へのダイナミックな曲線を創り出している。少年の行為は洗練されており好感が持てる。彼は彼女に近づき、帽子を取り、庭で採ったバラを差し出している。彼の優雅な行動はフランスのエチケットに正しく一致しており、おそらくそれは母からの教育の賜物だろう。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・オノレ・フラゴナール
  • 作品名恋の成り行き:追跡
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1771年 - 1772年
  • 製作国不明
  • 所蔵フリック・コレクション (アメリカ)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ317cm
  • 横幅215cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 恋の成り行き:追跡の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。