作品概要

恋文》は、画家のジャン・オノレ・フラゴナールによって制作された作品。制作年は1770?年から?で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《恋文》はフランスのロココ期の画家ジャン・オノレ・フラゴナールの作品である(カンバス、油絵)。

制作の背景

1767年の後、フラゴナールの主な仕事はフランス国王ルイ15世の公妾デュ・バリュー夫人からの依頼で、彼女の館であるルーヴシエンヌの館を装飾するための作品群を描くことだった。しかし、驚いたことに、彼女はフラゴナールの作品を気に入らず納品を拒否した。

《恋文》は前述の作品群の製作が依頼される少し前、デュ・バリュー夫人からの発注を得るために、そのアピールの一環として描かれたのかもしれない。

フラゴナールの技術

《恋文》には落ち着いた特徴がある。エロチシズムは確かに存在しているが、それは奥底に隠されている。この作品で目を引くのは輝かしいゴールドカラーと、この若い女性の身体そのものよりも色っぽい態度である。この作品は情熱で輝いているように見える。

《恋文》はフラゴナールの色使いの感覚、光の効果の繊細な扱い、並外れて器用な技術をよく表している。デスクの前に座っている女性のエレガントな青いドレス、レースの帽子、髪型は、当時最も流行していたものに違いない。

様々な解釈

彼女が手に持つ手紙に何が記載されているかは様々な解釈を産んだ。それはただ彼女へ手紙を書いた紳士のことかもしれないし、もしキュビリエと読むことができるなら、この娘はフラゴナールの師、フランソワ・ブーシェの娘のことかもしれない。

マリー=エミリー・ブーシェは1740年に生まれ、1769年に未亡人となり、1773年に父親の友人で建築家のチャールズ=エティエンヌ・ガブリエル・キュビリエと再婚した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・オノレ・フラゴナール
  • 作品名恋文
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1770?年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ83cm
  • 横幅67cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 恋文の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。