作品概要

水浴の女たち》は、画家のジャン・オノレ・フラゴナールによって制作された作品。制作年は1765年から?で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《水浴の女たち》はフランスのロココ期の画家ジャン・オノレ・フラゴナールの作品である(カンバス、油絵)。

ロココスピリットの具現化

フラゴナールが描くシーンの軽さと気高さはロココスピリットを具現化している。本作品は彼がローマ留学から戻ってきたすぐ後、1765年に発表され、繊細な色使いと自然な筆使いといった後の作品群全体に通じる特徴を有していた。

彼の作品が持つ美德はエロティックな主題であっても決して下品にならない点にあり、傑作としての評価を得ている本作品は抗い難い活力と喜びに満ちている。《水浴の女たち》の美しさは、激しい動きの中で、全体的に調和のとれた品位の中で、そして特に木の先端や肉の表皮を魅力的にしている光と生命の暖かな雰囲気の中で、裸の女性たちが最高の喜びを表現していることにある。

フラゴナールの才能

平凡な画家が描いた場合、このような作品は下品になってしまう可能性がある。しかし、18世紀の画家達は、その中でも特にフラゴナールは、最も卑猥なシーンにも至高のエレガンスを与えられること及び、人物を赤面させることなく自然な微笑みの描くことができたという点において、まさに優れた存在だった。

これらの画家の中でも、フラゴナールは最も才能に恵まれており、アントワーヌ・ヴァトーとともに、歴史上最も誘惑的な時代の一つの中で、最も活動的で最も完璧な画家だった。フラゴナールの作品は、当時の多くの画家の作品と同様に、疑問符をつけられていたが、今日においては評価が逆転し凄まじいほどの人気がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・オノレ・フラゴナール
  • 作品名水浴の女たち
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1765年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ64cm
  • 横幅80cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 水浴の女たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。