作品概要

インスピレーション》は、画家のジャン・オノレ・フラゴナールによって制作された作品。制作年は1769年から?で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《インスピレーション》はフランスのロココ期の画家ジャン・オノレ・フラゴナールの作品である(カンバス、油絵)。別名《インスピレーション(自画像)》。

《インスピレーション》はフラゴナールが描いた他の肖像画よりも暖かく、物憂げで、泡のような雰囲気があるという点で他の多くの作品と異なっている。本作品は画家のキャリアの初期に描かれた。

インスピレーションを得た瞬間

本作品におけるフラゴナールの意図は、彼自身を描くことだけでなく、画家が対象物からインスピレーションを得た瞬間を描写することだった。対象物を明らかにしないことで、一般的な意味においても、神からのという意味においても、本作品はインスピレーションの源そのものとなっている。

この画家は動作の途中を切り取られ、筆を持つ彼の手は目に見えざるインスピレーションに導かれた次のアクションをとろうとしている。本作品は人気のロココスタイルで、柔らかくも暖かみのある色使いで描かれている。フラゴナールの衣服もこの暖かみのある感覚を際立たせている。フラゴナールは画家を照らす光と影による背後の闇を著しく対比させている。光は聖なるインスピレーションそのもののようである。

オランダ絵画からの影響

作品を描く自分自身を描くというアイデアを最初に思いついたのはフラゴナールというわけではなかった。レンブラントやゴッホなどのオランダの巨匠達が長い間フランス人に様式上の影響を与え続けていたのである。

レンブラントは劇的な明暗と細部へのこだわりを持った多くの自画像を描いた。これらの作品からは彼の表現、色使い、丁寧な筆使いの方法を感じ取ることができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・オノレ・フラゴナール
  • 作品名インスピレーション
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1769年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ80cm
  • 横幅64cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • インスピレーションの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。