作品概要

羊飼いの少女》は、画家のジャン=フランソワ・ミレーによって制作された作品。制作年は1863年から1863年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

画家としての背景

ミレーは、パリの南にあるフォンテーヌブローの森の近くに住む風景画家のグループ、バルビゾン派の創設メンバーであった。バルビゾン派の画家たちは、少なくともミレーの場合には、田園風景を描く現実主義的な絵画スタイルに導かれ、多くの学術芸術の規範を無視し、厳しい労働条件に注目して生き生きとした自然主義を生み出した。

農村で働く農民たちを描いたという点において、ミレーは最もよく知られた存在である。実際、彼らは19世紀の偉大なジャンルの絵画を代表しており、ギュスターヴ・クールベの作品と並び、現代の問題を扱った絵画という意味で、現代美術の原点を構成している。

描写

落ち着いた静けさが描き出された、平和な絵画である。ウールのケープと赤いフードを身に着けて、若い羊飼い(おそらく画家の娘)が、羊の群れの前に立っている。彼女は手元を見下ろして編み物をしている。羊の群れは波打つ光のパッチワークを形成し、夕日の光を反射している。ミレーは、前景の小さな花などの細部を詳細に観察して描いた。

雲が太陽を覆い隠し、弱い陽光が、羊飼い、牧羊犬、羊の群れを強調する一方で、細部を隠している。 羊飼いと犬は空と野にシルエットを描き、ミレーが高めようとした時代を超越した農民の世界の尊厳を持って立っている。

評価

この作品は1864年のサロンに出展され、「絶妙な絵画」、「傑作」といった評価を受け、暖かく受け入れられた。この平和な絵画は、牧歌的な田舎風景の絵画を好んだすべての人々を魅了した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=フランソワ・ミレー
  • 作品名羊飼いの少女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1863年 - 1863年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ81cm
  • 横幅101cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 羊飼いの少女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。