作品概要

鍬を持つ男》は、画家のジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた作品。制作年は1860年から1862年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

苦しい農民の生活

つらい単調な仕事で満たされた農民の困難な生活は、主に季節ごとの絶え間ないサイクルと、骨の折れる作業からもたらされる。例えば、収穫物を保管するや否や、畑に作物を植え直す準備をしなければならない。しかし彼らは耕す前に、まず雑草や芽を取り除かなければならなかった。

1850年代のフランスでは、この作業はホー(鍬)と呼ばれる道具を用いて行われた。この重い器具は、大きな手斧とは異なってシャベルのような幅の刃があり、疲れやすく、多くの体力を必要とした。屈強な労働者でさえ、鍬を使えば疲労困憊し、定期的な休憩が必要となるほどだった。

描写

ミレーの絵の労働者も例外ではない。激しい疲労をやわらげるため、彼は短い休息をとっている。汗だくになり、ベストとズボン、木靴のみを身に着けている彼は、おそらくジャケットと帽子を少し前に脱いだのだろう。暑い日差しから腕を守るために袖をめくらず、伸ばしたままにしてある。顔と首はすでに深い茶色で、唇はひび割れて乾燥しているように見える。その表情は活力を欠いており、体力が限界を迎えていることを示唆している。

労働階級の象徴

宗教的運命論者であったミレーは、人間は原罪により労働という刑を受けていると信じていた。この農夫は、無個性の万人として描かれている。描かれた農夫の顔は赤く、酒に酔っているように見えるが、決して個性を与えようとしない色の染みによって描かれている。体は大きく、汚れていて、このアザミのある岩だらけの土地を、遠くに見えるような生産的な畑に変えようとする大変骨の折れる仕事により、完全に疲れ切っている。

絶え間ない努力を要する生活の尊厳と勇気への賛辞として、この作品は長く労働階級の象徴とみなされた。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=フランソワ・ミレー
  • 作品名鍬を持つ男
  • 制作年1860年-1862年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ81.9cm
  • 横幅100.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 鍬を持つ男の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。