作品概要

手押し車と農民》は、画家のジャン=フランソワ・ミレーによって制作された作品。制作年は1848年から1852年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《手押し車と農民》は、フランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた油彩画である。インディアナポリス美術館に所蔵されている。1848年に描き始め、1852年に買い手が現れるまで完成していなかった。手押し車を押す農夫を描いている。

描写

手押し車を押す農夫は、金色の光の中で完全に理想化して描かれている。ミレーはこの作品において、シンプルな衣服や道具を用いることで、農夫を肉体労働の尊厳の象徴や、急速に消えゆく生活様式の象徴として描き出した。

バルビゾン派

ミレーは、フランスのノルマンディー地方にある小さな村で、厳しい戸外の労働をしながら育った。パリで修業をした後、1849年にフォンテーヌブローの森のはずれにあるバルビゾン村に移住した。移住してすぐにバルビゾン派に加わり、土地を耕す農民を描くことに身を捧げた。

ミレーは新鮮な屋外の場面を描くという仲間の熱意に共感したが、地元の農夫を描写することも好んだ。その制作活動を通して、現代生活の不安定さからの喜ばしい変化である、土壌に根ざした生活をする農民の尊さを発見した。

歴史的側面

バルビゾン派は1848年のフランス革命(二月革命)によって、最高の賞賛を受けた。古典的に教育されたミレーは、謙虚な田園風景を歴史画と同じレベルに高めたこの作品で、強力な政治声明を打ち出した。

この密接な肖像画はミレーの詩的な側面を露わにしている。やがてミレーは、サロンに出展するための叙事詩的な作品へと移行することになる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=フランソワ・ミレー
  • 作品名手押し車と農民
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1848年 - 1852年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ37.78cm
  • 横幅45.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 手押し車と農民の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。