作品概要

岩の上に座る羊飼い》は、画家のジャン=フランソワ・ミレーによって制作された作品。制作年は1856年から1856年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《岩の上に座る羊飼い》、または《編み物をする人》《編み物をする羊飼い》は、写実主義を重視したバルビゾン派の牽引者であったジャン=フランソワ・ミレーによって1856年に制作された油彩画である。アメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されている。

農民を描いた画家

ミレーは、田園の農民のいる風景を描いたことで知られ、風景画のジャンルを再考する点で注目されている。この絵画の羊飼いは、バルビゾン村のような北中部フランス地方の女性農民に典型的なリネンのフードと白いマントを身に着けている。

二つある作品

メトロポリタン美術館のこの絵画は、オハイオ州のシンシナティ美術館にある別の絵画と事実上等しいものである。ミレーが最初の絵を描いていたときに購入の申し込みがあったが、すでに他の人にその絵を渡すことを約束していたので、もう一つ制作したことが、この作品が二つある理由である。ミレーが自身の作品を複製したのはこの時だけである。ミレーは他にも、この作品と類似した編み物をしている羊飼いの絵を多く描いているが、それらは複製ではない。

関連作品

これら2つの絵画を制作する前に、ミレーは準備のための素描を描いている。これは現在、スコットランド国立美術館に所蔵されている。その展示によると、「ミレーの羊飼いの絵画は大いに賞賛され、フィンセント・ファン・ゴッホは自身の作品においてミレーに敬意を払うようになった」ということである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=フランソワ・ミレー
  • 作品名岩の上に座る羊飼い
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1856年 - 1856年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩画
  • 高さ35.9cm
  • 横幅28.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 岩の上に座る羊飼いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。