作品概要

馬鈴薯の収穫》は、画家のジャン=フランソワ・ミレーによって制作された作品。制作年は1855年から1855年で、ウォルターズ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《馬鈴薯の収穫》は、フランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーによって1855年に制作された油彩画である。アメリカ・ボルチモアのウォルターズ美術館に所蔵されている。

農民を描いた画家

ミレーは、フランスのノルマンディー地方にある小さな村で、厳しい戸外の労働をしながら育った。パリで画家になるための修業をし、結婚してからもパリで活動をした。その後1849年にパリからフォンテーヌブローの森のはずれにあるバルビゾン村に移住し、土地を耕す農民を描くことに身を捧げた。絵のモデルは、しばしばその周囲の人々や、ミレー自身の若い頃の記憶より採用された。

1850年代、ミレーは作品の主題に風景を取り入れ始めた。この《馬鈴薯の収穫》は、1867年に行われたパリ万国博覧会で国際的な評価を得た9つの作品のうちの1つである。

描写

この作品では、バルビゾン村と隣村シャイー村の間の農地で働く農民が、生きるための戦いという主題のもとに描き出されている。

右側の農夫は、女性が開けている袋にかごの中のジャガイモを入れている。二人の横には、ジャガイモでいっぱいになった3つの袋と荷車がある。その左側後方では、二人の農夫がジャガイモを掘り、女性がそれを拾い集めている。左の空は暖かい日差しで満たされているが、右の空は低く広がる雨雲によって暗くなっている。

作品の解釈

何人かの批評家は、農村を描いたミレーの作品を、時代の社会的条件に内在する不公平を批判するものとして解釈した。その一方で、人間と自然との調和の取れた結びつきを表現したものとして見る解釈もある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=フランソワ・ミレー
  • 作品名馬鈴薯の収穫
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1855年 - 1855年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ウォルターズ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ54cm
  • 横幅65.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 馬鈴薯の収穫の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。