作品概要

ネブカドネザル》は、画家のウィリアム・ブレイクによって描かれた作品。制作年は1795年から1805年で、テート・ブリテインに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ネブカドネザル》はイギリスの詩人、画家、版画家ウィリアム・ブレイクの作品である。本作はダニエル書(旧約聖書の一書)のネブカドネザルの伝説を題材とした。聖書によると、バビロニア王ネブカドネザル二世は過剰な自尊心から発狂し、その罰として草を食べる雄牛のように生きることとなった。

道徳の腐敗と獣性の出現の間にある関係性は、18世紀スイスの思想家、著作家ヨハン・カスパー・ラヴァーターによっても示唆されている。伝記作家のアレクサンダー・ギルクライストは、変わり果てた王の姿を「岩間の巣に追い詰められ、獣のようにはい歩く、狂った王。」と表現した。

関連作品

ブレイクは《ネブカドネザル》の構図を既に過去の作品《天国と地獄の結婚》でも用いている。ネブカドネザルの姿勢はおそらくアルブレヒト・デューラーのエッチング《聖ヨハネス・クリュソストモスの苦行》に基づいている。

アレクサンダー・ギルクライストは「苔の生えた岩山のメタリックな色着けはブレイクの《ニュートン》と同じくらい上手くできている。」と信じていた。

その他の《ネブカドネザル》

《ネブカドネザル》は1795年に始まった大型カラー印刷と呼ばれる一連の作品の一つでもある。同シリーズには12の作品があり、サイズは43cmx53cm、ほとんどは3部ずつ制作された。

《ネブカドネザル》は4部存在し、その内3つはテート・ブリテイン(ロンドン)、ボストン美術館、ミネアポリス美術館に1つずつ収蔵されている。残りの1つは1887年以降行方がわからない。

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・ブレイク
  • 作品名ネブカドネザル
  • 制作年1795年-1805年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ブリテイン (イギリス)
  • 種類紙、インク、水彩
  • 高さ54.3cm
  • 横幅72.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ネブカドネザルの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。