作品概要

布施とアナニアスの死》は、画家のマサッチオによって制作された作品。制作年は1425年から1428年で、ブランカッチ礼拝堂に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《布施とアナニアスの死》はルネッサンス期のイタリア人画家マサッチオが1425年から1428年にかけて作成したフレスコ画作品である。

この作品もマサッチオの幾つかの作品と同じく、イタリアのフィレンツェ地方にあるサンタ・マリア・デル・カルミネ大聖堂のブランカッチ礼拝堂にて所蔵されている。この絵の具体的な展示場所は、マサッチオのもう一枚の作品である《影で病人を癒す聖ペテロ》の隣にて飾られている。

ストーリー

《布施とアナニアスの死》は使徒言行録内にて記載されているストーリーを絵にした作品である。作品に描かれている物語は、隣に飾られている《影で病人を癒す聖ペテロ》のすぐ前に起こった事である。

キリストの信者たちはお互いを助け合い、土地や物産を持っていた人々はそれらを売り、すべての信者たちが利用できる共通基金にお金を募金していた。使徒達はその集めた募金を必要に応じて、人々に配布していた。

また、地面に倒れている死人、アナニアスは、土地の売却による収入の一部を自分自身で保持していたため、処罰された。

スタイル

この作品はマサッチオの成熟した作成スタイルによって象徴づけられていおり、絵に描かれている人物たちの表情はとても生き生きとしている。また、背景にある建築物達は現実に近づけるよう描かれており、故意にサイズやボリュームを修正されていないかのように見えている。

しかし、人物の配置については、《影で病人を癒す聖ペテロ》と違い、動きを魅せるのではなく、静的な仕上がりとなっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家マサッチオ
  • 作品名布施とアナニアスの死
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1425年 - 1428年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ブランカッチ礼拝堂 (イタリア)
  • 種類フレスコ
  • 高さ230cm
  • 横幅162cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 布施とアナニアスの死の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。