作品概要

彼らはブドウのことを考えているのだろうか?》は、画家のフランソワ・ブーシェによって制作された作品。制作年は1747年から1747年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《彼らはブドウのことを考えているのだろうか?》は、フランスの画家フランソワ・ブーシェによって1747年に描かれた絵画である。アメリカのシカゴ美術館に所蔵されている。

典型的なパストラル

ブーシェは幅広いテーマで絵画を制作しただけでなく、磁器やタピスリーのデザインも行っていた。その中でも特に「パストラル」と呼ばれる牧歌的な作品たちは、18世紀のフランス美術に大きな影響を与えている。

ブーシェの生み出した理想的な光景は、ジャン=アントワーヌ・ヴァトーのフェート・ギャラント(雅な宴)様式から流れを受け継ぐものであり、特に羊飼いの男女の求愛などの、屋外の風景の中で行われる愛の宴を描いたものが多い。これは、当時フランスでルソーが唱えた「自然に帰れ」という思想の流れに対応するものでもある。

図像解説

羊飼いの男女が、ブドウ畑で摘んだブドウを交換している場面が描かれている。この作品は、1745年にパリで初演された当時の演劇作品(パントマイム)からインスピレーションを受けている。絵画のややおどけたタイトルは、本作と似た版画に由来している。これは性的なほのめかしを排除し、この男女の純潔さを証明している。

男女の素朴さと豪華な服装のコントラストは、現実とファンタジーの間の世界を創り出すブーシェの技量を示している。ブーシェはこうした魅惑的な場面を得意としており、淡い肌色、柔らかく滑らかな衣服の生地、全体の色彩、そして光の描写などで、官能的な魅力を巧みに描き出している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フランソワ・ブーシェ
  • 作品名彼らはブドウのことを考えているのだろうか?
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1747年 - 1747年
  • 製作国フランス
  • 所蔵シカゴ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ80.8cm
  • 横幅68.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 彼らはブドウのことを考えているのだろうか?の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。