作品概要

昼食》は、画家のフランソワ・ブーシェによって制作された作品。制作年は1739年から1739年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

家族の肖像

これは、ブーシェ作品の中では珍しい屋内を描いた風俗画の1つであり、ブーシェの家族を描いたものと考えられている。上品なリビングルームの中、ブーシェ夫人が右、画家の妹が左に座り、姉妹は左右に分かれている。夫人は、当時は贅沢品であったコーヒーを飲んでくつろいでいる。人物同士の関係性や視線のやりとりは、彼らの親密さを表している。

当時のインテリア

この作品には、18世紀当時の貴族階級の暮らしぶりが鮮やかに描き出されている。ブーシェは、繊細で優美な家具の数々――大きな鏡、時計、中国風の置物や絹織物など――を描くことで、日常の空気を作品の中に再現している。赤、青、緑、黄土色などの繊細なインテリアカラーは、木製家具の豊かな金色を反射した柔らかな光に囲まれている。窓から室内に入り込む斜めの光は、濃い影を作り出している。

また、この時代は育児が変わり始めた時代でもあり、女の子の頭につけられた保護布や、人形、木馬といったおもちゃが見られることも興味深い。

日常を描き出す

神話主題の作品を制作していたブーシェは、1739年から1746年までの期間にわたり、17世紀のオランダの巨匠や、特にジャン・フランソワ・ド・トロワから直接的な影響を受けた。その結果、このような風俗画といった新たなジャンルが彼のレパートリーに加わることとなった。それは日常的な光景であり、家族の親密さがもたらす幸福の瞬間を描くものであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フランソワ・ブーシェ
  • 作品名昼食
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1739年 - 1739年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ81.5cm
  • 横幅65.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 昼食の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。