作品概要

笛を吹く羊飼い》は、画家のフランソワ・ブーシェによって制作された作品。制作年は1747?年から1750?年で、ウォレス・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

パストラル

この絵画は、1740年代後半からのブーシェ作品に見られるパストラルの一例である。パストラルとは、羊飼いの暮らす理想的な農村と牧歌的な世界を描くジャンルである。古代ギリシャの風景の中で、羊飼いは笛を吹くことで愛情を表現し、羊飼いの女性は彼の愛情に報いるために花の冠を差し出そうとしている。

パントマイムの場面

ブーシェは、古代ギリシャの文学を当時のパリ風に翻案した劇作家、C.S.ファヴァールによる人気のパントマイムから、繰り返しインスピレーションを受けた。ブーシェは、オペラ・コミック座のデザイナーであり熱心な観客でもあった。ファヴァールの音楽劇は、古代ギリシャの理想主義と牧歌的な詩の貴族的感覚を、素朴で涙もろい劇の登場人物に結び付けた。

この絵は、1745年に初演されたファヴァールのパントマイム「Les Vendanges de Tempé(テンペ渓谷の収穫)」のシーン5を再現している可能性がある。羊飼いが、彼の恋人リゼットに笛を演奏するところから始まるシーンである。

制作年代など

この作品はおそらく1747年から1750年頃にかけて、ファヴァールの舞台が成功を収めた余韻の中で描かれたものであろう。元のキャンバス不規則な形状は、その絵がもともと大きな作品の一部を形成していたことを示唆しているが、依頼者や関連作品などについては詳しくわかっていない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フランソワ・ブーシェ
  • 作品名笛を吹く羊飼い
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1747?年 - 1750?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ウォレス・コレクション (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ94cm
  • 横幅142cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 笛を吹く羊飼いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。