作品概要

アウロラとケファロス》は、画家のフランソワ・ブーシェによって制作された作品。制作年は1769年から1769年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アウロラとケファロス》は、フランスの画家フランソワ・ブーシェにより1769年に制作された絵画である。アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスにあるJ・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

図像解説

この背の高い装飾的な作品は、ローマ神話の曙の女神アウロラが、眠っている青年ケファロスを見つめる場面を描いている。恋多き女神アウロラは、狂おしい程の恋情をケファロスに抱いている。

この作品においてブーシェは、明るいパステル調の色彩と、タピスリーのデザインに見られる幅広く素早い筆運びを用いた。空は青とピンク色に染まり、地平線に光が現れることによって「夜明けの目覚め」が示唆されている。アウロラの神秘的な描かれ方とは対照的に、ケファロスと犬はあくまでも命に限りある存在として描かれている。彼らを描くのに使われた緑、赤、茶色、青などの色の選択は、この事実を強調している。

関連作品など

ジャン・フランソワ・ベルジェレ・ド・フルヴィルは、1768年、パリの自宅に飾る六連の神話主題の絵画をブーシェに依頼した。同時代の繊細な調度品とともに、これらの色彩に満ちた絵画たちは、ロココの上品な明るさのある空間を作り出した。

ブーシェは死去するわずか1年前に、この作品とそのシリーズの一部である《波の上のヴィーナス》(1769年、J・ポール・ゲティ美術館蔵)を含む作品を描いた。現在、他の4つの作品は、キンベル美術館(テキサス州、フォートワース)に所蔵されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フランソワ・ブーシェ
  • 作品名アウロラとケファロス
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1769年 - 1769年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ265cm
  • 横幅86cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アウロラとケファロスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。