作品概要

ブリロ・ボックス》は、画家のアンディー・ウォーホルによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

■ 時代背景

1960年代初め

■ 作品の構成・技術

アメリカの食器洗いパッド、「ブリロ」の外箱を模して木の板で製作した彫刻。

■ 作品にまつわるエピソード

それまであくまで”鑑賞”の対象であった芸術が”思考”の対象となる大きなきっかけとなった作品。

すなわち、

「これは本当に芸術か?」
「そもそも芸術とは何か?」
「芸術と、芸術でないものの違いとは?」

という本質的かつ哲学的な問題提起を、
しかも1960年代のその時代に発表したからすごい。という。

(なぜ1960年代に発表したのがすごいかというと私には良く分かりません。笑
”アートワールド(芸術・美術の専門家集団)としてこれを理解するためには
当時のNYの絵画史におけるかなりの事柄を理解していることと、
芸術理論の多くを習得して”いるはずだと、ダントーは言っています)

また、分析哲学者アーサー・ダントーは、著者『The Journal of Philosophy』において
美術史の流れの中での位置づけとして芸術が鑑賞→思考の対象となったことからこれを”芸術の終焉”と呼んでいる。

基本情報・編集情報

  • 画家アンディー・ウォーホル
  • 作品名ブリロ・ボックス
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ブリロ・ボックスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。