作品概要

カントリー・ダンス》は、画家のジャン・アントワーヌ・ヴァトーによって制作された作品。制作年は1706年から1710年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《カントリー・ダンス》はアントワーヌ・ヴァトーによる油絵である。現在はアメリカインディアナ州のインディアナポリス美術館に所蔵されている。

おそらくヴァトーの最も初期の作品であり、おおよそ1706年~1710年に再作されたと考えられる。本作品はとても上品な農民たちのグループが木々の中で踊っている様子を描写している。

ダンスを楽しむ人々

木々に囲まれ、カップルが躍る中、村民のグループが音楽を演奏している。幼い子供は女性の動きを真似て、集団を楽しませている。通常の道楽による同年齢のつながりよりも、ここでの音楽は社会調和や秩序を示唆している。

音楽家たちは、本作品を見ている私たちを遠慮がちにちらりと見ており、役者たちは自分たちの観客を十分承知している。このような意思疎通の表現はヴァトーの特徴の一つである。

ヴァトーの表現技法

《カントリー・ダンス》はヴァトーの最も初期の知られた作品であるが、すでに彼は自身のスタイルを生み出していた。彼はバランシエンヌからパリに移動してすぐに作品を描いており、ピーテル・ブリューゲルやピーテル・パウル・ルーベンスなどのフランドルの先例たちが支持した陽気な田舎風景を取り入れた。しかし、そこに前例のない優雅さ、気高さ、そしてスタイルをその風景に与えている。

標準的な北欧の題材を描いているが、特に趣のある効果にベニスの景観を多く描いている。これは、事実上、ヴァトーが深く関連することになるロココ式の運動支持するという宣言である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・アントワーヌ・ヴァトー
  • 作品名カントリー・ダンス
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1706年 - 1710年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ合衆国)
  • 種類油絵
  • 高さ50cm
  • 横幅60.01cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • カントリー・ダンスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。