作品概要

トーテム・レッスン2》は、画家のジャクソン・ポロックによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

■ 時代背景
1945

■ 作品の構成・技術
ネイティブ・アメリカンのトーテムを主題とした作品。
一見グロテスクと言えるほどの力強い生命力であり、ポロックが表層的な美とは全く異なる次元のものに取り組んでいたことが分かる。

■ 作品にまつわるエピソード
「どれだけ賞賛しても足りない」と、批評家クレメント・グリーンバーグが賞賛した絵画です。
彼は初個展からポロックに注目し、やがて彼の作品を「近年米国において生み出された最高の絵画」と評価している。

■ 体験・感想
表層的な”美”という感じではないですが、
みなぎる生命力を感じます。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャクソン・ポロック
  • 作品名トーテム・レッスン2
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • トーテム・レッスン2の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。