作品概要

メズタン》は、画家のジャン・アントワーヌ・ヴァトーによって制作された作品。制作年は1718年から1720年で、ニューヨークに所蔵されている。

詳細な画像を見る

おそらく1718年から1720年の間に描かれた小さなキャンバスの《メズタン》は、アントワーヌ・ヴァトーの最も卓越した作品の一つである。

メズタンとは

「メズタン」とはイタリアのコンメディア・デッラルテという即興仮面喜劇の有名なキャラクターであり、パリのステージで定着したものである。ストックキャラクターのブリゲーラ(道化)の一変型であると考えられる。メズタンは16世紀に初めて登場する。

メズタンは熟達した策士でトラブルメーカーであり、必要とあらば暴力行為を犯すこともある。しかし、概してブリゲーラに比べ穏やかで、特に晩年は寛大で洗練された性格である。

多くの場合、メズタンは音楽好きで、歌と踊りがとてもうまい。その時々で彼のキャラクターは大きく異なり、忠実な使用人の時もあれば、主人の失墜をたくらんでいたり、うそつきの夫の時もあれば、妻にだまされることも。また、ブリゲーラよりも女性への関心が強く、ナンパする姿は気味悪く映る。

作品の分析

アントワーヌ・ヴァトーは、本作品を描くにあたり、メズタンの頭部を色チョークで描いて研究している。この研究で描いた頭の角度、上を向いた目、開いた口そのまま本作品に適用されている。メトロポリタン美術館にはその色チョークで描いた頭部の絵も所蔵されている。

作品の中でメズタンは、屋外の石のベンチに座り、ギターを弾きながら悲しげに見えない窓を眺めている。メズタンの背後に女性の庭園像が背を向ける形で描かれており、報われぬ恋を示唆している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・アントワーヌ・ヴァトー
  • 作品名メズタン
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1718年 - 1720年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニューヨーク (メトロポリタン美術館)
  • 種類油絵
  • 高さ55.2cm
  • 横幅43.2cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • メズタンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。