作品概要

ジェルサンの看板》は、画家のジャン・アントワーヌ・ヴァトーによって制作された作品。制作年は1720年から1721年で、シャルロッテンブルク城に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ジェルサンの看板》はアントワーヌ・ヴァトーの最後の作品である。画商ジェルサンのために店の看板として描かれたものである。ジェルサンは優秀な画商で、ヴァトーを自宅に歓迎した優しい友人である。

画題

本作品は1枚のキャンバスに店の客や店員の様子が描写されている。絵の左側の男性はルイ14世の肖像画を箱にしまっており、中心の若い男性は若い女性に手を差し出している。

右側では年配のカップルが裸婦の絵画を観察している。ジェルサンの妻と考えられている若い女性アシスタントは、身なりの良い若い人のグループに絵画を見せている。

作成期間および看板としての期間

本作品を描いているとき、ヴァトーは病気で指にしびれを感じていた。ヴァトーは通常、ゆっくり時間をかけて作品を描いていたが、本作品に関しては病気であったにも関わらず、たった8日間で完成させたと言われている。悪化していく病気が彼の描くスピードを速め、通常よりも大きな作品になったと考えられる。

本作品が看板として飾られていた期間はたった2週間である。すぐに本作品は購入され、その後、何人かの手に渡り、その途中で作品は真ん中で二つに分けられ、異なるバイヤーが所有していた。現在は、一部はまだ見つかっていないが、1つの作品に戻り、ドイツのシャルロッテンブルク城に所蔵されている。

目標の達成

ヴァトーは、自身は鉛筆画の方が筆で描くよりもうまいと考えていた。自身が筆で描いた作品は鉛筆画ほどのクオリティでないことにいら立ち続けていた。

しかし、本作品は、ヴァトーのそれ以前の作品にはない、人物の自然さが見られる。本作品でようやくヴァトーは最も重要視していた目標を達成したのである。
 

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・アントワーヌ・ヴァトー
  • 作品名ジェルサンの看板
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1720年 - 1721年
  • 製作国フランス
  • 所蔵シャルロッテンブルク城 (ドイツ)
  • 種類油絵
  • 高さ163cm
  • 横幅308cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジェルサンの看板の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。