作品概要

プレジール・フォンテーヌの小川にある鹿のかくれ場》は、画家のギュスターヴ・クールベによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

■ 時代背景

1866年

■ 作品の構成・技術

メインの鹿たちの、安心しのびのびと過ごしている様子を、これでもかというほど繊細に描いています。
傍らの葉っぱや石ころの一つをとっても、申し分ないほど見事に、鮮明に表現されているのはさすがクールベ、といった感じ。

■ 作品にまつわるエピソード

「こんなに絵になる環境、よく見つけたなぁ。
しかも動物は動くから、描くのは大変そうだ・・・」
、と思ったあなた。

実はこの風景、作られたものなのです。
クールベはこの絵を描くために、小鹿を何頭か借りてきて、このかくれ家を作り出しました。
とはいっても、鹿たちを驚かせてしまっては意味がありません。
こんなにも安心した様子の鹿たちを描くことができたということは、クールベは必死で息を凝らしながら描いていたのでしょう。

「社会主義者で、元政治家志望、しかもリアリスト」っておカタいイメージのあるクールベさんにも、こんな人間臭いところがあるんですね…
なんか、ギャップ萌え、してきませんか??

■ 体験・感想

クールベの描く鹿の絵が、大好きです。
鹿独特の、凛々しさやしなやかさ、そして愛嬌が、こんなにも表現されているのは、クールベの絵画以外に見たことがありません。
大好きです。

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名プレジール・フォンテーヌの小川にある鹿のかくれ場
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • プレジール・フォンテーヌの小川にある鹿のかくれ場の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。