作品概要

郊外のキリスト》は、画家のジョルジュ・ルオーによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

作品に描かれているのはパリ郊外のラ・ヴィレット地区とされる。町外れないし場末と呼ぶにふさわしい貧しい地区である。ルオーはこの郊外(バンリュ)で、人々の織りなす世の中の矛盾を感じながら育ったという。
中央に描かれたキリストと二人の子供は、その日暮らしの貧しい母子の寓意に解釈することもできる。普段わたしたちは貧困層の生活風景を気に留めないにもかかわらず、本作品からはある種の崇高さをも感じ取ることができる。画家のやさしいまなざしをかいま見ることのできる作品である。

基本情報・編集情報

  • 画家ジョルジュ・ルオー
  • 作品名郊外のキリスト
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 郊外のキリストの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。