作品概要

ムーラン・ド・ラ・ギャレット》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1876年から1876年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

来歴

《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》は、ルノワールによって描かれた翌年、1877年の印象派展覧会で初出品された。現在はパリのオルセー美術館に所蔵されており、印象派絵画の中でも最も優れた傑作のひとつと言われている。

画題

本作品はパリのモンマルトル地区にある、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの典型的な日曜日の午後を描写したものである。19世紀後半、労働者階級のパリの住人たちは着飾ってムーラン・ド・ラ・ギャレットに出かけ、夜まで飲み、踊り、ガレットを食したという。

作風

成熟期初期のルノワールの作品と同じように、この作品は人々の日常をとらえた印象派の典型的な作風となっている。作品からは豊かな形式、流れるような筆使い、きらめく光の表現を見ることができる。

作品の中にはルノワールの友人たちが描かれている。本作におけるルノワールのテーマはムーラン・ド・ラギャレットの活気にあふれ、喜びに満ちた様子を描くことであった。光を浴びて踊る群集たちは鮮やかで明るい色彩と筆使いで描かれている。現在では、場面のぼやけた印象が批判されることもある。

所有

1879年から1894年まで、この作品はフランスの画家ギュスターボ・カイユボットが所有していた。彼の死と同時に、相続税の支払いとしてフランス政府のものとなり、1896年から1929年にかけてパリのルクセンブルク美術館に展示されていた。

1929年からオルセー美術館に移管される1986年まではルーブル美術館に展示されていた。

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名ムーラン・ド・ラ・ギャレット
  • 制作年1876年-1876年
  • 製作国不明
  • 所蔵オルセー美術館
  • 種類油彩
  • 高さ131cm
  • 横幅175cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ムーラン・ド・ラ・ギャレットの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。