作品概要

幼児虐殺》は、画家のピーデル・パウル・ルーベンスによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ルーベンスの最高傑作の1つと言われています。

幼児虐殺とは、新しい王(イエス・キリストのこと)がベツレヘムに生まれたと聞いて怯えたユダヤの支配者ヘロデ大王がベツレヘムで2歳以下の男児を全て殺害させたとされる出来事を指します。

キリスト教をめぐる残酷性もしくは悪趣味性の一端を示すかのような作品です。

基本情報・編集情報

  • 画家ピーデル・パウル・ルーベンス
  • 作品名幼児虐殺
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 幼児虐殺の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。