作品概要

》は、画家のアンディー・ウォーホルによって描かれた作品。制作年は1964年から1964年。

詳細な画像を見る

1950年代、ウォーホルは花にインスピレーションを求めて、本の挿絵や注文イラストを描いていた。《花》はハイビスカスを描いた連作のうちの1つだ。

長い絵画史において花は常に偶像的で力強いシンボルであり続け、ウォーホルは花を独自に解釈して連作を描いた。それは写実的なものではなく、平面的で定型化された、どぎつい色の花だ。

商業広告からのインスピレーション

本作品の花は、本物のハイビスカスよりも商業広告に触発されて描いたものである。1970年代になると、ウォーホルはもはや絵画というメディアを選ばなくなり、花を描いた新作の大半はスクリーンプリントで制作するようになっていた。より一層手作業を抑え、彼のスタイルとして最も有名な”大量生産”方式によって、作品を生み出していったのだった。

本作も、ウォーホールがたまたま見つけた新聞に掲載されていた花の図像をプリントしたものであり、その独特な制作スタイルを代表する作品である。

基本情報・編集情報

  • 画家アンディー・ウォーホル
  • 作品名
  • 制作年1964年-1964年
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類オフセットリトグラフ
  • 高さ55.8cm
  • 横幅55.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。