作品概要

200個のキャンベル・スープ缶》は、画家のアンディー・ウォーホルによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ポップ・アートの関心

ポップ・アートは、1960年当時アメリカで流行していた抽象主義表現にかわるムーヴメントとしての地位を確立していた。ポップ・アーティストが関心を寄せたのは、言葉、イメージ、戦後アメリカ文化のマスメディアである。1960年代になると、ウォーホルは、コカ・コーラやキャンベル・スープ缶などアメリカの物が持つ視覚的なパワーに興味を持つようになる。

本作のたくらみ

1962年に制作された『200個のキャンベル・スープ缶』は、アメリカ文化に対する彼の興味を象徴する作品だ。赤と白と黄色の全く同じスープ缶がずらりと200個並んでいる。誰もが知っているキャンベル社のスープだ。ウォーホルはこれを工場で大量生産されたかのように整然と並べている。アメリカの日常生活にあるものを拝借し、コマーシャル・アートに再利用するというこのやり方は、ウォーホルのトレードマークとなった。本作は、あまねく知られているアメリカの象徴を定義する試みだ。

基本情報・編集情報

  • 画家アンディー・ウォーホル
  • 作品名200個のキャンベル・スープ缶
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 200個のキャンベル・スープ缶の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。